台風21号の被害2004
長野県では、9月29日の午前から一時的な豪雨と突風を伴い、29日午後9時過ぎには、強風となりました。夜半から明け方に再接近し、風速15メートル強の風と、70ミリほどの雨を降らせました。
翌30日も断続的に突風と雨が繰り返し続き、夜になって、ようやくおさまりました。
29日午前。すでに、はぜ転倒。
めまいが...(@_@;)
もう、台風対策は何もしない!
と思っていたが、早々にはぜが倒れたので、頭にきて(動揺し)補強に走る。

30日朝、補強の甲斐なく、撃沈。
意気消沈。
りんご畑は、無事(安堵ホッ)
収穫期の陽光が数個落ちるのみ

これで、終わればいいのですが、
今回は吹き返しがキツイらしい。
昼になっても、突風と雨やまず。
りんごも、吹き返しで落ちるケースが
多いので心配。
翌1日朝、はぜ全滅。
直管パイプもかなわず。

結局、りんごは数える程の風落で済みました。

はぜは転んだものの、りんごと違って、掛け直せば、ちゃんと、お米になるので気は楽です。
ため息はでますが...
はぜの足もこの通り 補強しなかったところでは、
もうわけが分からなく
なっている。
なんじゃコリャぁ〜
戻る 台風18号の被害 21号の全国各地の農家の被害状況はこちら
トップページへ
黒岩きよお農園 黒岩幸司
〒382-0821 長野県上高井郡高山村大字牧505  Tel/Fax 026-242-2071
     URL http://www.kiyoofarm.com/