りんご
JA須高の防除基準と当園の使用農薬の比較一覧です
H15年
使用農薬(防除暦)と防除基準
   散布時期 JA須高 防除基準(水100g当) 当園 防除暦 散布日
1 発芽期
 (3月下旬)
ベフラン液剤       100ml
ラビサンスプレー98 2000ml
同左 4月11日
黒星病
特別防除
発芽10日後
 (4月中下旬)
ダイボルトフロアブル  200ml 散布せず ***
開花始め
 (4月下旬)
スコア水和剤        33g 同左 5月11日
落花直後
 (5月上旬)
ブローダ水和剤      167g
ロムダンフロアブル    33ml
同左 5月20日
落花10日後
 (5月中旬)
ダイボルトフロアブル  200ml
クレフノン         1200g
散布せず ***
落花20日後
 (5月下旬)
ダイボルトフロアブル  200ml
バリアード顆粒水和剤   25g
クレフノン         1200g
ダイホルト 半量
     他は同左
6月2日
落花35日後
 (6月中下旬)
ジマンダイセン水和剤  200g
バロックフロアブル    50ml
クレフノン        1200g
シマンダイセン 半量
バロックフロアブル 50ml
6月16日
前回散布より2週間後(7月上旬) キノンドーフロアブル  125ml
オーソサイド水和剤   125g
サイアノックス水和剤  100g
同左 7月1日
7月中旬 トモオキシラン水和剤 200g
トップジンM水和剤   66g
サイアノックス水和剤 100g
同左 7月16日
前回散布より2週間後(7月中下旬) フリントフロアブル25   33ml
ダーズバン水和剤    100g
マイトコーネフロアブル 100ml
ダーズバン水和剤 100g
マイトコーネフロアブル100ml
8月1日
落花防止剤散布
収穫開始予定日の25日前 1回
散布対象品種 つがる のみ
ストッポール液剤     100ml
同左 8月1日
10 8月上〜8月中旬 トモオキシラン水和剤  200g
ダーズバン水和剤    100g
同左 8月13日
特別
防除
カミキリムシ
地際防除
ラビキラー乳剤200倍 500ml 散布せず  ***
11 8月下旬 アリエッティC水和剤  125g
ダントツ水和剤       25g

コロマイト乳剤      100ml
同左 8月30日
12 9月上中旬
 (晩生種)
ベフラン液剤        67ml 同左 9月17日
13 11月下旬〜
   12月上旬
バンガートKS−20   100ml
ベフラン液剤       125ml
散布せず ***
コンフェーザーA(性フェロモンかく乱材)設置を前提とした防除
展着剤: アイヤー を使用
対象病害虫  腐らん病、胴枯病、黒星病、黒点病、うどんこ病、赤星病、斑点落葉病、すす点病、すす班病、
         褐班病、輪紋病、炭疽病
         カイガラムシ類、ハダニ類、キンモンホソガ、ギンモンハモグリガ、ハマキムシ類、ケムシ類、
         アブラムシメンチュウ、ナシヒメシングイ、コナカイガラムシ、モモシンクイガ
BM小清水菌の葉面散布   5/5  6/8 7/9 10/23
【平成15年収穫終了時】
スーパーエコーの葉面散布  5/20 6/2 6/16  
 黒岩きよお農園  代表 黒岩清男
〒382-0821 長野県上高井郡高山村大字牧505
 Tel/Fax 026-242-2071  E-mail kiyoofarm@stvnet.home.ne.jp

戻る
除草剤は1回使用(樹下部分散布)