台風9号の被害2004
6月21日の午後にかけて、長野県に最も接近し、強風をともなって、通過してゆきました。直撃ではなかったものの、30数メートルの強風は、当園の農作物にも、爪あとを残して行きました。当園の被害は、りんごの木が5本おれたのと、立茎中のアスパラが倒れたくらいで済みました。
村内では、さくらんぼ畑の風除けハウスが、丸ごと数メートル飛ばされ、隣接の民家2件の上に落ちるなどの被害もありました。また、飛ばされる前に、ビニールを切って落とした(緊急の場合、外す手間が無いので)などがありました。
幸い、村内で死傷者は無かったようです。
自然のチカラには、かなわないと改めて思い直した日でした。
りんごの木が根元から折れました。
5年目の若木です。
なぎ倒されてアスパラ畑 ネットや支柱で固定しておいても、強風にはかなわず。
風で、りんごの「へた」が折れて、
ブラブラしています。
トップページへ